TR-260

プロモーション映像

地デジTVがキレイに映る!

セルスターのドライブレコーダーは、車内の地上デジタルテレビと電波干渉しないよう設計されているから映りが断然キレイ!

地デジTVがキレイに映る!

GPSユニットが付属!

録画した映像にGPS情報や走行速度などの情報を付加することができます。ビューアーソフトで各種情報を表示できます。
下図のように、GPSユニットをマウントベース裏に取り付けられるので、ドライバーの視界をさえぎりません。

GPSユニット

GPSユニット取り付け例

GPSユニット取り付け例

特長

■地上デジタルテレビと電波干渉しない
■2.4inch IPS液晶搭載
■車外撮影広視野角(120°)
■3つの録画モード(常時/イベント/クイック)
■撮影機能
■音声録音
■3Gセンサー内蔵[10段階の感度調整可能](前後、左右、上下の衝撃を感知し記録)
■microSDカード付属(最大32GBまで)
■microSDカードの記録容量を超えた場合は、自動的に古いファイルから削除して映像を記録します。
■事故発生時、電源ケーブルが外れても安心
■DC12V/ DC24V車対応
■GPSユニット
■リアルタイムモニター表示※
■再生モード※
※外部モニターに表示する場合、オプションのビデオ出力コード(GDO-02)が必要になります。

3つの録画モード<録画モードおよび時間>

3つの録画モード

常時録画モード ・・・イベントに関わらず1分単位で続けて録画します。

常時録画モード

イベント録画モード(自動)

例)録画を始めたあと、1分40秒にイベントが発生した場合
常時録画とイベント録画を同時に行います。常時録画中にイベント(走行中の外部衝撃や事故発生時)が発生した場合、常時録画を中断して効果音と一緒にイベント録画が行われます。イベント録画完了後、再び常時録画に戻ります。

イベント録画モード

クイック録画機能(手動) ・・・イベントを手動で録画する機能です。

常時録画モード 記録時間

カードの容量 録画画質
高画質 標準 低画質
32GB 約1320分 約1600分 約2050分
16GB 約660分 約800分 約1020分
8GB 約330分 約400分 約510分
4GB 約160分 約200分 約250分
2GB 約80分 約100分 約120分

イベント録画モード 記録時間

カードの容量 録画画質
高画質 標準 低画質
32GB 約470分 約570分 約730分
16GB 約230分 約280分 約360分
8GB 約110分 約140分 約180分
4GB 約50分 約70分 約90分
2GB 約20分 約30分 約40分

※撮影の状況、被写体などにより記録されるファイルサイズは一定でないため、記録可能時間に差が生じる場合があります。上記数値は、目安としてご参考ください。

撮影機能

手動で写真を撮影することができます。

見やすい専用ビューアーソフトを付属!PCで動画を確認できる!

運行時の録画した映像を見て、ルート、GPS情報(速度、方位、地図上での位置情報)、衝撃グラフの記録を確認することができるDVR専用ソフトです。

動作環境(PC推奨スペック)

CPU Pentium4 2.0GHz以上
OS WIN98/ME/2000/XP/VISTA/WIN7
RAM容量 1GBRAM以上
HDD 1GB以上の空き容量
GPU Geforce4以降

各部の名称

各部の名称

  • 車外撮影用カメラ(COMSカメラ/150万画素/視野角:120°)
  • V-OUT(ビデオ出力端子)オプションのビデオ出力コード(GDO-02)を接続します。
  • DCソケット
  • マイク
  • スピーカー
  • microSDカードスロット
  • 操作ボタン
  • リセットボタン
  • GPS(GPS接続端子)GPSユニット(GDO-01)を接続します。

取付例

取付例

ページトップへ

主要諸元

車外撮影用カメラ

撮像素子 150万画素 CMOSカメラ
フレームレート 22fps
視野角 120°
最低被写体照度 1.33LUX

本体

録画画素数 30万画素
録画画質 高画質(2.25Mbps)
標準(1.85Mbps)
低画質(1.45Mbps)
録画圧縮 MPEG-4/AVI (シリアルNo.75A3701以降)★
録画トリガ 常時録画
イベント録画
クイック録画
3Gセンサー 10段階
対応外部記憶媒体 microSDカード 2GB~32GB
(クラス4/SDHC規格準拠)
記録データ 日時、加速度、走行速度
位置情報、映像ファイル
音声録音 有り
外部映像出力 有り
インターネット
地図連動
有り
電源電圧 DC12V/24V
動作温度範囲 -10℃ ~ +60℃
サイズ
(※突起部含まず)
93(W)×25(D)×53(H)mm
本体重量 75g
★シリアルNo.によって仕様が異なります。本体、またはパッケージのシリアルシールをご確認ください。

GPSユニット

サイズ 48(W)×11(D)×39.4(H)mm
重量 25g
コード長 85mm

梱包内容

  • ドライブレコーダー本体
  • マウントベース
  • 直結配線用DCコード(5m)
  • 両面テープ
  • microSDカード
  • コードクリップ ×5
  • ビューアーソフト(CD-ROM)
  • 取扱説明書
  • GPSユニット
梱包内容

ご購入前にご確認ください

本機は、日常の運転をドライブレコーダーで記録し分析することで、安全運転についての改善や、効果的な運転管理を推進し、交通事故の防止および安全運転を促進する目的で製造販売しております。本機は自動車等の事故における証拠として、効力を保証するものではありません。 ■安全上の注意 ●本機は必ず定められた電圧(DC12V/DC24V)でご使用ください。 ●運転中に本機を操作しないでください。 ●本機をエアバックが作動する近くに設置しないでください。 ●医療用電気機器の近くでは使用しないでください。 ●本機の取り付けは、必ずエンジンを切った状態で実行してください。 ●本機の結合部分、スピーカーなどの穴やすき間にはピンや針などの金属を入れないでください。 ●本機から煙が立つ、異臭がするなどの問題が発生した場合は、すぐに使用を中止してください。 ●本機を、急激に温度が上昇する場所に長期間放置しないでください。必ず定格電圧、温度の条件下で使用してください。 ●コードを外すときは、必ずプラグ部分を持って外してください。また破損やキズが付いたコードは使わないでください。 ●本機の表面はシンナー、アルコール、ベンゼンなどの揮発性物質または有機溶剤で拭かないでください。またゴムとビニールなどを長期間接触させないでください。 ●本機は、ガラス面に正しく取り付けてください。 ●ガラス面をきれいに拭いたあと、本機を正しく確実に取り付けてください。正しく取り付いていない場合、本機がガラス面から外れ運転中に交通事故が発生する可能性があります。 ●電源コードまたはソケット部のほこりや汚れはよく拭いて取り除いてください。 ●本機に強い衝撃を与えないでください。 ●本機の近くに磁気性がある物を置かないでください。 ●GPSの近くには障害になるような物を設置しないでください。 ●GPS機能は初期作動時、起動時間が必要です。(オプションのGPSユニットが必要) ●フロントガラスにメタルコ一ティングされた車両は GPS受信障害が発生することがあり、録画品質が落ちることがあります。 ●トンネル入出時のように急激に明るさが変わる場合、逆光が強い場合、夜に光源がない場合などの条件では録画品質が落ちることがあります。 ●暗い環境では、なるべく高品質で録画するために、車両のヘッドライトやフォグランプをつけてください。 ●フロントガラスの表面や本機のカメラレンズの表面はいつもきれいにしておいてください。 ●本機は、推奨取付位置に設置してください。 ●本機の分解、修理、または改造を絶対にしないでください。 ■microSDカードについて●microSDカードを取り出す際は、必ず本体の電源が切れたことを確認してから取り外してください。 ●microSDカードは消耗品です。一定使用期間が過ぎるとメモリーセクターの一部が損傷されて正常な録画ができない可能性があります。 ●一般的にmicroSDカードには、寿命があります。(各メーカーにより異なります) ●microSDカードを長期間使用している、保証期間が切れているなどの原因でデータに異常が発生した場合、新しい指定のmicroSDカードと交換してください。 ●microSDカードを保管、または持ち歩くときは、必ず保管ケースに入れてください。 ●microSDカードを使用する際には、microSDカードのロックは必ず解除してください。 ●重要なデータは、必ず他のデバイスにバックアップしてください。 ●microSDカードに保存されたデータは、バックアップして、定期的にフォーマット(推奨:週1回)して使用してください。 ●指定のmicroSDカード以外は使用しないでください。 ●microSDカードスロットに異物を入れないでください。 ●油がついた手や濡れた手でmicroSDカードスロットを触らないでください。 ●データのバックアップ、フォーマットおよび動作中には、絶対にmicroSDカードを取り外さないでください。 ●microSDカードの分解、または改造などは、絶対にしないでください。 ●microSDカードを落下させたり、衝撃を与えないでください。 ●microSDカードには向きがあります。挿入するときは向きを確認して、確実に最後まで押し入れてください。 ●microSDカードを別に購入する場合は、必ず使用可能か確認したうえでご購入ください。 ●microSDTMはSDアソシエーションの商標です。 ■録画について ●本機は全ての状況下で録画を保証するものではありません。 ●本機の故障や使用による損害、また録画した映像の破損や損傷によって生じた損害は、当社は一切の責任を負いません。 ●本機の動作を確認するため、急ブレーキなど危険な運転はおやめください。 ●本機で録画した被写体は、プライバシーの侵害となる場合があります。取り扱いにご注意ください。 ●LED方式の信号機では画面がチラつくことがあり、色の識別が出来ない場合があります。それにより生じた障害は、当社は一切の責任を負いません。 ●運転中、本機のディスプレイやLEDランプを注視したり、操作はおやめください。クイック録画/撮影機能をおこなう場合、周囲の安全を確認したうえで操作してください。 ●録画の条件により、録画のフレームレートが変わる場合があります。 ■ディスプレイについて ●液晶ディスプレイの性質により画面の焼付けが起こる可能性があります。これは保証対象になりません。ディスプレイの明るさを暗く調整することで、焼付けの発生を軽減できます。 ●液晶ディスプレイの性質により、輝点や滅点が発生したりスジ状の色むらや明るさのむらが見える場合があります。これは保証対象になりません。 ●ディスプレイを太陽に向けたままにすると、故障の原因となります。お車に設置する際にはご注意ください。 ●偏光サングラス使用時、表示が見えなくなる場合があります。 ■取り付けについて ●本機の誤った取り付けは、道路運送車両法の保安基準に違反する場合があります。正しく取り付けてください。 ●本機は取扱説明書に従って正しく取り付けてください。誤った取り付けは、道路運送車両法違反となるばかりか、交通事故やケガの原因となります。 ●他の無線機やテレビ、ラジオ、パソコンなどの近くで使用すると、影響を与えたり、受けたりすることがあります。 ■アイドリングストップ車での使用について ●一部のアイドリングストップ車では、再始動時に電源確保のため各部分への供給電圧が低下することがあります。これにより本体の電源が落ちる場合があります。 ■その他の注意について ●製品のデザインや仕様は、改良等のため、予告なく変更する場合があります。 ●掲載の写真はイメージで、実際には必要な配線を省略しているものもあります。 ●本製品の誤った取扱いによる車両や車載品などの事故・破損・故障・損害等が発生しましても弊社では一切の責任を負いかねます。また保証なども一切ありません。

PDF取扱説明書

  • ファイルサイズ 約7.9 MB 
  • 所要時間(ダイヤルアップ54k)約2.57分 
ダウンロード

専用ビューアーソフト

  • ファイルサイズ 約18.0 MB 
  • 所要時間(ダイヤルアップ54k)約5.81分 
  • 動作環境、使用方法は取扱説明書をご参照ください。
ダウンロード